シェル

シェル1

中子をあらかじめ、フェノール系樹脂などをコーティングさせたレジンコーテッドサンド(RCS)を材料とし、300℃前後加熱された金型に充鎮し、焼成固化する事で、製品の形状を得る製造方法です。

コールド

コールド1

中子砂にフェノール系樹脂とポリイソシアネート樹脂の2液を混錬させ、型に充鎮させた後、気化させた第三級アミンを媒体として通気させ、ウレタン化する事で固化し、形状を得る造型方法です。

遠心造型法

遠心1

低コストや段取り替え等の便利さといった利点を維持しつつ、砂中子を軽量化して材料費も低減でき、しかも充填性を良好として密度や強度を高くし、縁部まで精度よく成型され表面も滑らかになり、品質の向上も期待できます。

Map

MENU